DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

[7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

サンペドロ・ラ・ラグーナの魅力

サンペドロの町

サンペドロ・ラ・ラグーナは美しいアティトラン湖の畔にある小さな町。
そのすぐ真横には火山がどーんと二つ連なって見える。

宿からのアティトラン湖の眺め

サンペドロの宿の屋上からの眺め。
宿からも湖が見渡せ、気候も日本の春先のような陽気さでとても気持ちがいい。

宿を出て、町を少し歩いてみた。
湖のすぐそばまで山が迫っていて、坂が多いのでどこへ行くにもある程度坂を登り降りしないといけない。
坂の多い町には肥満の人が少ないと聞いたことがあるが、実際太った人をみかけない。
町自体はそこまで広くはなく、パナハッチェル行きの船着場から
町をくるっと1周しても1時間かかるかかからないかといったところ。

町にインターネット屋はいくつかあるけど、
なかなkWiFiが無料で拾える場所がない。
船着場の近くのレストランで食事をすれば無料という情報があったけど、あいにく閉まっていてダメ。

サンペドロのスポーツ・バー

唯一見つけたのが、宿の近くのサンティアゴに行く船着場の目の前にあるイギリス人が経営しているスポーツバー。
ここは飲み物か食べ物を頼めば好きなだけWifiを使える。
中心地からは遠いけど、サッカーの中継も見られるし、穴場。

サンペドロ。見所としては特に無いけれど、観光客はわりかし多い。
湖でカヤックしたり、乗馬をしている人を多く見かける。
スペイン語の学校もいくつかあり、外国人も勉強をするために訪れている。

なんとなく日本にありそうな湖の景色を眺めつつ、
ハンモックに揺られ読書をする。
それが、この町の楽しみ方であり、魅力なのかもしれない。
この気候を楽しみながら、この地でゆっくりしてみよう。

明日から、日本人の方が住まわれているお家をお借りして、
2人で1ヶ月程サンペドロでの生活が始まる。
その間、少しスペイン語の学校にも通いつつ、サンペドロの生活を楽しみたい。

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - サンペドロ・ラ・ラグーナの魅力


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

借家生活のスタート

サンペドロ火山のふもとへ

朝、荷物を持ってお借りする家に引越し。
お借りする家は、富士山のような美しい稜線のサン・ペドロ火山のふもとにある。
ピーナッツ畑に囲まれた静かな環境にあり、目の前が湖というすばらしいロケーション。
お家の中も丁寧に生活されていたのが伝わってくる、居心地のよさそうな空間。
なによりも、たくさんの花が植えられた庭がとても素敵。

借家にあたっては、お家を貸してくださるご夫婦が、ここの生活で気をつけるべき事を書いたノートを残していって下さっていた。
ゴミの捨て方、雨水のため方、水の配給のされ方、しょう油が買えるお店の地図なども書いて下さっていて、本当に頭が下がる思い。

荷物を広げる前に、全部の窓を開けて大掃除。
隅々まで掃いて、床を布拭きし、縁側で布団を天日干し。
一揆に掃除してシャワーを浴びるとスッキリした。
午前中は東の湖の方から光がたくさん入るので、ぽかぽか気持ちがいい。

そうこうしている間に、市場がお昼頃には閉まってしまうことを思い出し、食材の買出しに出かける。
市場までは坂道を歩いて20分くらい。
乗り合いトラックに乗ってしまえばすぐなのだけど、この坂道を歩くといい運動になるので、しばらくは2人で歩いて市場へ行こうと話す。

冷やし中華

帰宅してから、遅いお昼ご飯。
買ってきた中華麺で冷やし中華を作った。

グアテマラの家の慣習なのか、流し台が家の中にないので、水を使う時にちょっぴり不便。
洗う時は、外の水槽か、雨水をためたバケツの水を使い、洗い終わった水は庭に撒く。
でも外での洗い物は気持ちがいい!
日本で働いていた頃は、太陽のあったかさや、雨の気配を感じることもなく、毎日気が付くと真っ暗になっていた。
ここでは、ミツバチの羽音に耳を傾け、朝顔に挨拶をし、湖の色の移り変わりを眺める。
心も身体もこんな暮らしを望んでいたのだと実感する。

ありさ
  • Comments: 3
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 借家生活のスタート


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

サンペドロの交通手段

サンペドロ・ラ・ラグーナに来るには、3通りの交通手段がある。

1.アティトラン湖の対岸にある近辺で最大の町・パナハッチェルまで来て、それから小型ボートに乗る。
2.グァテマラ・シティかシェラからチキンバスで来る。
3.アンティグア等の主要な町から旅行会社の運営する旅行者向けのミニバンで来る。
  サンペドロからメキシコのサンクリ行きのバンが出ているので、恐らく反対もあるはず。

チキンバス

私達は旅行社向けのミニバンで到着したけど、グァテマラと言えば派手な車体にぎゅうぎゅうに人が乗るチキンバスが有名。
家の近くにチキンバスの車庫があって、持ち主がいつも丹念に手入れしている。
名前の由来は、もともと鶏を運ぶのに使われていたからだとかそうでないとか…。
とにかく、チキンバスは鶏やら野菜やら荷物を抱え、地元の人が主に利用している。
歩く隙間もないほど混雑したチキンバスでは、バスの先頭から人の間を縫ってお金を集めていき、最後まで来るとバスの後ろのドアからハシゴを登って屋根をつたい、再びバスの先頭に戻ると言う。
しかも走行中!
ほんとかな。

このバス、私達はまだ乗ったことがないのだけど、噂によるとスリがかなり多く、前にも書いたけど強盗に狙われることもあるとか。
なので、スリや強盗に盗られてもいい用の安くて1,000円程度しか入れない財布を用意した。
強盗に狙われたとき、余りにも小額だと、なめていると思われて危険らしいので一応1,000円くらい。

アティトラン湖のボート

パナハッチェルからのボートは、10人程度で満席になる小型のもの。雨の日は船の前方から雨が降りこんでくるので、後ろの席がお勧め。
パナハッチェル発サンペドロ行きは19時くらいまであるらしい。
一人25Q(約300円)
アティトラン湖の周りの美しい風景を楽しめる。


町の中の交通手段は、トゥクトゥクと乗り合いトラック(ピックアップ)。

トゥクトゥク

トゥクトゥクは町の中であれば、一人5Q(約60円)で坂道もぐんぐん登っていってくれる。
他のどの国でも、一台あたりの料金制だけど、ここでは一人当たりなので面白い。
一人当たりの料金であれば、ぎゅうぎゅうに乗る必要はないのに、一台のトゥクトゥクに6人くらいが車体から身体をはみ出して乗っているのをよく見かける。なぜ…?

乗り合いトラックに鶏を乗せる

乗り合いトラックは、乗りたい場所で手を出せば止まってくれるので、後ろの荷台に乗る。
荷台では立ちっぱなし。
荷台にある手すりのような棒につかまりながらバランスを取る。
サンペドロの道はバンプが多いので、バンプの度にいつもちょっとバランスを崩す。
これは一人2Q(約24円)。
降りるときは、トラックの屋根をトントン叩いて運転手さんに合図する。
荷物がない時はスムーズに目的地に付くのだけど、たまに砂やら薪やら鶏!やら、大荷物を乗せてくる人がいると、荷物の揚げ降ろしの間、相当待つことになる。
この町の人は親切なので、トラックに乗っている人総出で荷物の揚げ降ろしを手伝う風景もよく目にする。
地元の人とのごちゃ混ぜ間がたまらない乗り物。

そんなこんなのサンペドロの交通手段が分かったところで、誰かサンペドロ来てくれないかな?
サンペドロでお待ちしています。

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - サンペドロの交通手段


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

お庭と雨の恵み

朝露に濡れる庭の花

雨季のサンペドロでは、毎日夕方から夜にかけて雨が降る。
朝にはからりと晴れ上がるのだけど、早朝は、朝露に濡れたお庭の植物達が生き生きとしていて本当に美しい。

朝顔

お庭には何十種類もの花、少しの野菜、バジルやミントなどのハーブが育てられていて、それらの蜜を求めて蝶、ミツバチ、小鳥がやってくる。
それらに加えて、時折トカゲや大きなカエルが姿を現す。

水場の神様

このお家にお住まいの方が作った楽園のようなお庭を、水場の神様がやさしく見守っている。
今は雨季なので、この神様が座っている大きな水槽も、雨水で自然にいっぱいになる。
これを使って洗濯をしたり、食器を洗ったりする。
でも、乾季は週に3回供給される水の配給時間に合わせて水槽に水を溜めないといけないのだそうだ。
乾季は庭の植物も水不足になるだろうし、水の管理が大変そう。
また、配給される水はあまりよくないそうで、料理にはろ過した水を、飲料水は購入したミネラルウォーターを使うようアドバイスいただいている。
蛇口をひねれば清潔な水が出ないと初めて、水のありがたさを実感する。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - お庭と雨の恵み


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

スペイン語学校に通う

スペイン語学校 コラソン・マヤ

今日は午後からスペイン語学校。
二人とも月~金曜日、午後1時から4時間スペイン語を習う。
スペイン語学校は家の隣にあるので、とても便利。
マンツーマンなので、レベルに合わせて授業をしてくれる。
といっても私達はゼロからなので、特にマンツーマンでなくてもいいのだけど、グアテマラではマンツーマンが普通らしい。

スペイン語学校 コラソン・マヤの教室

広い敷地に2人が座れるくらいの小さな小屋がいくつか建てられていて、そこが教室になっている。
私の先生は女性のミルドレットさん。
ゆーやんの先生は男性で、スペイン語学校を経営している家族の息子さんであるチェマさん。
先生が違うので、授業内容も全然違う。
私はまずアルファベットの読み方から、ゆーやんはいきなり動詞の活用から始まった。
カリキュラムがあるのではなく、教授法も先生に任せられているので、家庭教師といった感じだ。
2時間経つと、5~10分間の休憩。コーヒーを飲んでパンをかじる。
緑に囲まれて勉強すると、頭に入りやすい気がする。

語学は、単語を覚えれば覚えるほど話せるようになる。
1日習っただけなのに、立ち話の単語がちょっぴり耳に入ってくるのがわかる。
1週間後、2週間後、旅を終える頃はどんな感じに話せるようになっているんだろう。
楽しみ!

ありさ
  • Comments: 3
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スペイン語学校に通う


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。