FC2ブログ

DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

[7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

気ままなノラさん

ノラ

2日間姿を消していたノラが、深夜に「ニャ~!」と一声泣いて突然帰ってきた。
「ノラ、ノラ~!」と呼ぶと、トンッと音を立てて床に降り、無心に餌を食べ始めた。
でも、自分は余りにも眠くて起き上がれない。
ノラはひとしきり餌を食べると、窓辺にくるまった。
「寝るんだ、よかった」と思い、こちらも再び眠りに入る。

明け方、眼を覚ますと、ノラの姿がない。
先ほどノラを見たのは夢だったのもかと思い、餌の減り具合を確認。
こんもり盛っていた餌は少し減っている。
やっぱり夢じゃない。
けど、その後どこへいったのだろう?
家の周りを名前を呼びながら少し捜索。
隣の家にもノラが来ていないか聞いてみるけど来てないと言う。

猫ってどのくらい遠くまでいくんだろう?
猫の習性が分からないので、どの辺りまで探せばいいのか分からない。
ま、餌はこの家にしかないのだから、また戻ってくるだろうと考え、ひとまず外出。


前々から行くのを楽しみにしていた手打ちパスタのお店へ行ってみる。
食べるメニューまでイメージしていたのに、残念ながら今はパスタをやっていないと言う。
あ~フェットチーネのクリームソース…。

アティトラン湖の眺め

期待しすぎていたのでさすがに肩を落として、船着場の方へ。

パナハッチェル行きの船着場近くのレストランのハンバーガー

船着場の目の前のレストランで私はハンバーガーを、ゆーやんはビーフのトルティーヤを注文。
このお店はいつ覗いても混んでいるので不思議に思っていたけど、おしいくて安くて眺めがいいので納得。

ここのお隣の建物の2階にあるD'Nozというレストランは、料理を注文するとWifiが使い放題と聞いていたけど、いつ来ても閉まっているのでつぶれたのだろうか?
こういうとこが他にもあると助かるんだけどな。
サンペドロにはWiFiができるレストランやカフェが何軒かあるけど、決まって食事代と別にネット代が設定されている。(以前紹介したスポーツバーは無料WiFi)

古着屋さんのジプシー

ゆーやんがネットカフェでネットをしている間、私は外国人向けの古着屋さんの「ジプシー」で念願の短パンを購入。
履き心地抜群♪

家に戻ってまったりしていると、「ニャー!」と一声泣いて窓辺にノラが現れた。
どこ行ってたんだよぅぅ。
とにかく今日はなでなでしまくる。
戻ってきてよかった~。
でも、猫ってほんと、気ままで掴み所がない。
その行動はまるで自分を見ているようで、眼をつぶりたくなる。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 気ままなノラさん


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

今週もスペイン語

スペイン語学校の猫

今日から1週間、再びスペイン語教室へ。
私はウキウキ、ゆーやんはドンヨリ。
語学は好き嫌いがあるからしょうがない。
こりゃ、2週間が限界かな。

新しい動詞3つの活用を勉強。
主語が誰かでいちいち動詞が活用するし、名詞が単数か複数か、女性か男性かで単語がちょこちょこ変化するし、どうなっているんだ、スペイン語!
スペイン語圏の人はみんな、話すのと同時に自然に活用させているのだからすごい。

スペイン語学校にも灰色の猫がいるのだけど、黒い毛並みの赤ちゃん猫2匹がかわいいなーと思っていたら、
なんと父親はノラだそう。
そう言われてみると、赤ちゃん達の一匹はノラにそっくり!
こんなとこにおじゃましてたのねー、ノラさんっ。

クリームパスタ

2日間の休日ですっかりスペイン語から離れていたせいか、授業が終わるとどっと疲れる。
気分転換に何かおいしいものでも食べよう、と二人でトマトとバジルのクリームパスタを作る。
うまい~♪
クリームパスタって、たまに無性に食べたくなる。
しかも生クリームをたっぷり使った濃いのをガツンと!
食べてしまうと、もう当分は食べなくても大丈夫。
だけど…東京に居た時によく通ったあの店の海老とホウレン草のピリ辛クリームパスタ、思い出すと食べたくなってきた~。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 今週もスペイン語


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

アメーバにやられる

昨夜、寝る前からお腹が痛いと言っていたゆーやん。
朝起きてみると、やっぱり相当痛いと言う。
見てみると、顔が汗だく。
お腹が痛いだけでなく、寒気がして、頭が痛く、体中が痛いと言う。
症状は食中毒っぽい。

とりあえず、前にメキシコで食中毒になった時、お腹が痛む時に飲むようにと処方された痛み止めを飲ませ、処方箋を手に抗生物質を買いに出る。
しかし、薬屋が見当たらない。
観光客の多い船着場の方まで言ってみるけど、薬屋が一軒もないので坂の上の市場の方へ。
やっと一軒の薬屋を発見したが、処方箋の薬はないと言う。
菌を殺す薬がないか聞いてみると、2種類の薬を出してくれた。
でも、知らない薬を飲ませるわけにはいかない。
インターネットで薬名を調べてみようとするが、市場近くのネット屋は日本語が読めなかった。
知らない薬に手を出すよりは、病院に行ったほうがいいだろうと思い、近くの人にこの町に病院があるかどうか聞いてみると、あるとの事だった。
小さな町なので、診療所はあっても病院はないかもしれないと思っていたので一安心。

家に戻ると、ゆーやんの症状はかなり悪化しており、熱は38.4℃。
呼吸も荒い。
起き上がれないので病院には行けないと言う。
外出している間にこんなに悪くなるとは思っていなかった。
こんなことなら、薬を探しててくてく町を歩いている場合じゃなかった。
こんな時は地元の人に頼るしかない。
スペイン語学校の先生であるチェマに相談しに行く。
チェマは一度家まできてくれ、ゆーやんの症状を確認した後、とにかく病院に行って先生を呼んでくる、とバイクを走らせてくれた。
その間にもゆーやんの熱は、39℃を越してしまった。
解熱剤を飲んでも効き目がなく、手足の末端がしびれると言い出す。
指先が少し冷たくなってきたと思ったら、手が麻痺して手のひらを開けなくなってしまった。

20分くらいでチェマが帰ってきた。
先生が家に来ることはできないから、何とかして病院に行くしかないと言う。
チェマにも肩を貸してもらって、よろめきながら道りまで出る。
チェマが探してきてくれたトゥクトゥクに乗り込んで市場近くの病院へ。
とにかく呼吸が荒く、手がけいれんして固まっているので穏やかではいられない。

プリメラ・イグレシア病院

病院へ到着すると、チェマが話をつけてくれていたお陰で、すぐに診療室へ通された。
診療室には英語を話すフランス人の女の子がいて、通訳してくれるので本当に助かる。
後でもう一人フランス人の女の子がやってきて、いろいろ親切にしてくれる。
国境なき医師団の方達かもしれない。
ゆーやんは、過度のショック状態で体中が固まってしびれているとのことなので、しびれをとるための注射を打ってもらう。
その後、病室へ移され、お腹のアメーバを退治するための点滴を打つ。
ゆーやんにとって点滴は人生で初めてらしく、かなり痛そうにしていて気の毒だ。
終始よじれるようなお腹の痛みに苦しみながら、点滴が終われば帰ってもいいと言われる。
点滴が残り少なくなってきたころ、スペイン語学校の先生であるミルドレッドが駆けつけてくれた。
苦しみながらもミルドレッドに冗談を言って雰囲気を和らげようとするゆーやん。
なんかすごいと思った。

ミルドレットと一緒にトゥクトゥクで家に帰る。
固まっていた手のひらは開くようになったけど、よじれるような腹痛、下痢、高熱は止まらず、薬を飲んでも全部吐いてしまう。
結局ゆーやんは苦しんだまま、ほとんど一睡もできずに夜を明かした。

昨夜のご飯はすべて火を通していたので、考えられる原因は、コップを洗った水。
私も同じ水で洗ったコップでコーラを飲んだのだけど、ゆーやんだけが、飲む前に「なんかコップがちょっと匂うけど大丈夫かな」と言っていたのだ。
たまたまその時はゆーやんが匂う方のコップを使ったけど、私が使っていたら私が同じ症状になっていただろう。
食器を洗う時は雨水をためたものを使っていたけど、その時だけ水道水ですすいだのだ。
水道水の水質はよくない、とアドバイスをいただいていたけど、歯磨きなんかにもつかっていたので、ちょっとすすぐくらい問題ないと判断してしまった。
今後は口に入る水はミネラルウォーターを使うように徹底しよう。

それにしても、何かあった時に地元の人に知り合いがいるのは本当に心強い。
ありがとうございます。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - アメーバにやられる


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

アメーバさんは出て行かない

朝になってもゆーやんの症状は昨日と変わらない。
ほぼ寝ていないし、何も食べていないのでぐったりしている。
リンゴならなんとか食べれるかもとの事なので、市場に行って果物を買う。
戻ると、家の前でスペイン語学校の先生チェマのお母さんが待っていた。
心配して様子を見に来てくれたと言う。

昨日汗だくになった服を洗濯し終えると、ゆーやんはほんの少し眠っていた。
つかの間だけど、眠れてよかった。

プリメラ・イグレシア病院受付

ふらついたままのゆーやんを連れて病院へ。
今日もまた、フランス人の方に通訳してもらい、ありがたい限り。
昨日と症状が全く変わらない事を告げると、飲んだ薬を全部吐いてしまったため、お腹にいるアメーバをやっつけられなかったのだと言う。
薬を吐いた場合は、15分以内に薬を飲みなおさなければいけないらしい。
昨夜、苦しむゆーやんに何度も「痛み止めの薬が欲しい」と言われたけど、抗生物質をぽんぽん飲むのは危険と思い、「薬は12時間ごとしか飲めないから我慢して」と薬を渡さなかったのだ。
無駄に苦しませて申し訳なかった。
今回は薬を吐かないようにと、腰に薬と同じ成分の筋肉注射を打ってもらう。
保険に入っているので診断書をお願いすると、スペイン語のものを渡された。
これで大丈夫だといいけどな。

家に戻っても、ゆーやんの腹痛も下痢も高熱も変わらない。
それでも、少しずつ寝られるようになり、数分寝て起きてはトイレに行って、を繰り返した。
夕方は、おかゆもほんの少し口にした。

お願いだからアメーバさん、早く出て行ってーーーー。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - アメーバさんは出て行かない


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

回復の兆し

サンペドロの朝

朝。
ゆーやんは、昨夜は少しだけ眠れたと言う。
でも、夜中に何度もふらふらとトイレに起き上がっていた。
とりあえず夜眠れてよかった。

布団から出られないのは昨日と同じ。
熱は下がったものの、微熱が続く。
薬が相当強いらしく、薬を飲むと頭痛がして身体がきついみたいで、
薬の効き目がが切れてくると、少しだけ食欲がわく。
やっぱりこんな時はお粥が一番で、自炊ができてよかったとしみじみ思う。

朝、チェマが様子を見に来てくれた。
昨夜少し寝られた事や、少し食欲があることを伝えると、ほっとした表情。

アメーバ。
グァテマラでは被害に遭う人が多いそうだ。
この町のあるソノラ州の水道普及率は87%だけど、水の質はあまりよくない。
グァテマラ全体でインフラの質がまだまだ充分ではないのだろう。
もちろん水が原因かどうかははっきりしないので、加熱していない食べものに注意し、手洗いうがいも気をつけたい。

ゆーやんの下痢は続いているけど、今日の様子を見ていると、少しずつ回復していると思える。
この様子だと心配なさそうだけど、早く元気になってほしい。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 回復の兆し


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]サンペドロ・ラ・ラグーナ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top