DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]アンティグア

[7カ国目 グアテマラ]アンティグア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

マクドナルドが宮殿? アンティグア

2階建ての快適な夜行バスは、朝6時半、無事にグアテマラ・シティに到着。
そこでアンティグアと書かれたプレートを持って旅行会社の運転手さんが待ってくれていた。
グアテマラ・シティは乗り継ぎだけにして早く立ち去りたかったので有難い。
なんでも、グアテマラ・シティは世界でも5本の指に入るほど治安がよくないそうで、大きな荷物を持って移動するバス・ターミナルは特に危険とのこと。
旅人からは、商店での買い物は鉄格子を通してのやりとりになるし、街全体に危険な匂いがすると聞いていた。
次のバスの到着まで待ってから出発ということで、小一時間バス停で待機してから出発した。
先入観があるせいか、早朝で人通りが少ないせいか、車窓から見るグアテマラ・シティは確かに殺伐とした印象。

アンティグアの街並み

1時間余りでミニバスはアンティグアの中心に到着。
運転手さんに「サンペドロ・ラ・ラグーナまで行きたい」と告げると、ソカロの周りにたくさん旅行会社があると教えてもらえた。
荷物を引いて旅行会社の集まる通りへ行き、ある旅行会社で聞いてみると、直接サンペドロへ行くバスがあった。
湖の畔にあるサンペドロまでは、まずパナハッチェルまで行き、そこからボートに乗らなければいけないと思っていたので、直接行けるのはとても助かる。
しかも、午後の出発までの間、オフィスで荷物を預かってくれると言う。

アンティグアの街並み

荷物を置いて、アンティグアの街を散策。
山に囲まれた石畳の街で、とても居心地がよい。
のんびりした空気の中を、民族衣装を着た人々が行きかう。
前に訪れたことのあるような風景。
メキシコのサンクリストバルや、キューバのトリニダーに似ているけど、おしゃれなカフェやアンティークな土産物屋さんが並ぶので、メキシコのオアハカが一番似ているかもしれない。
アンティグアで長期滞在をしながらスペイン語を習う人が多いというのもうなずける素敵な街だ。

アンティグアのマクドナルドさん

フローレス島の日本料理屋で一緒だったご夫婦から「アンティグアのマックには行ったほうがいい」と聞いていたので、マックを探す。
中庭に出てびっくり。
高級ホテルのような庭園が広がり、噴水の周りを涼しげな木陰を作る木々が囲んでいる。
その噴水を優雅に見つめているのが、マクドナルドさんじゃないですか!
あえて壁をピンクや黄色に塗って回転率を高くするのがマックの定番のはずなのに、こんなに長居できるマックは珍しい。
ソファ席や無料インターネットもある宮殿マックでバスの時間までくつろぐ。

サンペドロへの道

バッグパッカーで満席のミニバスは、山々を越えてサンペドロへ。
5月の豪雨の影響でところどころ土砂崩れがまだ残っている。
大通りからいよいよサンペドロへの小道へ入ると、道は穴ぼこだらけで、川が氾濫している箇所もあり、そういう場所を通るたびに車内では運転手さんを鼓舞する歓声があがった。

山から見たサンペドロ・ラ・ラグーナ

最後の山を下るとき、運転手さんが指さす方を見てみると、湖の畔にサンペドロの町が見えた。
世界で最も美しいと言われるアティトラン湖は息を飲むほど美しく、湖と山々に挟まれたその町にこれからしばらく滞在するのが夢のようだ。

サンペドロでは一時帰国されている日本人のご夫婦の家をお借りすることになっている。
お借りすることが決まった1ヶ月前は、サンペドロの事を全く知らなかったし、まだまだ先の話のような気がしていただけど、なんだかあっという間に日々は過ぎていった。
いよいよ今日、サンペドロに到着したという実感がまだわかない。

ありさ
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - マクドナルドが宮殿? アンティグア


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

おのぼりさんのアンティグア散策

昨日の朝のシャトルバンで世界遺産の町、アンティグアへ。
サンペドロからアンティグアまではチキンバスでも行けるが、
乗換えがあるし、チキンバスとたいして値段が変わらないので、シャトルの方が楽チン。
昨晩多少雨が降っていたので、道路の状況がどうだか心配だったけど、
なんとか通れる様子。
パン・アメリカン・ハイウェイという幹線道路も落石や土砂崩れで片道車線部分が多く、
通常3時間くらいで行くところを、今日は4時間近くかかって到着。

アンティグアの街並み

今日はお昼前からアンティグアの町を歩いてみる。
田舎のサンペドロ生活に慣れていて、都会アンティグアにやってきて、
まだ多少違和感を感じている。ふと気が付くときょろきょろ。
わっこんなお洒落なお店があるっ!
わっこんな値段でご飯食べるんやっ!とほんとに田舎モノ丸出しで町を歩く。
通りを歩く人の多くは民族衣装ではないし、何よりも高価なお店が多い。
サンペドロ価格で接するとびっくりするような値段ばかり。
昨日少し街を歩いた時は、渋谷を久し振りに歩いた時のようにくらくらしたが、
今日は少しは慣れてまだましなようだ。

これからグアテマラをどう通過して、中米を下って行くか、全く何も考えていなかったので、
いくつかツアー会社に行って、いろいろ行けそうな、行きたそうな場所、
おもしろそうな所が無いか聞いて周ってみた。
なんとなくルートが見えてきた。

十字架の丘からアンティグアの街を眺める

それから、アンティグアで有名な十字架のある小高い丘に行ってみた。
丘に登る道は強盗被害が多かったため、以前は警官が一緒に付いて登るというツアー形式で行く事ができたみたいだが、
今は常時警官が居ていつでも登れるとのこと。
しかし、丘に登る小路辺りには誰もいない。
警官どころか人もいない。独立記念日の警備のため、町の中心地に警官達は赴いているのだろうか…
これはまずいかな…どうしようか…なんて登るのを躊躇していたけど、
なんとなく勢いで行ってしまった。
あまり十字架まで距離は無いので、すんなり到達。
何人かの現地人のカップルが居て一安心。
やっぱりアグア火山には雲がかかっていて、きれいな火山の稜線は見えなかった。
でも、山の麓に広がるアンティグアの街はとても均整が取れていて、美しい街並みだった。

その後、街をぶらぶらしてヒスイ博物館のぞいてみたり、
古本屋探したりして、結局は意外に暑くて、涼しい田舎から出てきた二人はばててしまう。
宿に帰ってお昼寝。

夕方にはまたも昨日行った古着市へ。
冬物の服がかさばりすぎるので、いいダウンでもないか探してみる。
かなり広い市場。そこにぎゅっと古着の店が立ち並んでいる。
噂には聞いていたけど、この中で欲しい1品を探すのは、至難の業ではないのか…
1軒1軒を丁寧に見て周る。救いなのは、いいものだけきちんとハンガーに掛けてあって、
だいたい同じ系統の服に分類されて置かれているということ。
それでも2時間近く見て周って、ほしい物は1つだけ!
まさに宝物を探して、掘っている感覚。

独立記念日の花火が上がる

18時過ぎに市場から花火が見えた。
独立記念日の前夜祭だろうか?お祭りが始まったようだ!
なんだかわくわくするなー
と、セントロの方に行くとなんと何もやってない…
人はまあまあいるけど、屋台に群がっている人だけのようだ。

聞くところによると、行事は時間で配分されていて、
今日の夕方6時に国旗が掲揚されて、明日の夕方6時に降ろされるらしい。
その間にいくつか催しものがあるみたいで、子供達のパレードなどは明日の朝から。
勝手にあると思い込んでいたカウントダウンも無いとか。
それでは寂しすぎる!
というわけで0時前に町の中心部へ。
いやーやっぱり何もしてません。単なる休日前に若者が騒いでいるくらい。
そんなものか…とやっぱりグアテマラの人はおとなしいのかな…本番は明日か?なんて思って宿へ帰った。

ゆーじ
FC2ノウハウにも掲載されています
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - おのぼりさんのアンティグア散策


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

グアテマラ独立記念日に何をする?

9月15日はグアテマラの独立記念日。
グアテマラの他、1821年にスペインから中米連邦として独立を果たした
ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、エルサルバドルの独立記念日でもある。
各国で盛大にお祝いされていることだろう。

サンタクララ・ラ・ラグーナ 独立記念日の練習

2日前にサンペドロからアンティグアに向かう途中、
サンタ・クララ・ラ・ラグーナで独立記念日のパレードの練習が横切った。
先頭は民族衣装を着たちびっ子達、続いてチアリーダー風の青少年ブラスバンド、
そして最後に謎の怪獣達。
民族衣装着用率ほぼ100%のこの町で、衣装がミニスカートである事になんだかどきどき。

サンタクララ・ラ・ラグーナ 独立記念日の練習

華やかなパレードの背景はトウモロコシ畑。なんとものどかだ。
独立記念日当日には周辺の村の人々もサンペドロに集合して盛り上がるそうだ。
きっと、グアテマラ・シティやシェラといった都会とは一味違った、
ほのぼのしたお祭り風景が繰り広げられていることだろう。

シティやシェラほどではないにしても、
独立記念日はきっとアンティグアでも盛大に盛り上がるだろうと期待していたのだけど、
雨のせいもあってか、思ったほどではなかった。
子ども達や学生のパレードが、セントロ周辺を練り歩くのがメインなようで、
それ以外は特に見るものがない。

韓国料理 アンティグア

というわけで、お祭りはさておき夕方まで宿でのんびりした後、夜は楽しみにしていた韓国料理へ。
地元のご飯もおいしいけど、韓国料理はやっぱり最高だ。

独立記念日 アンティグア

食後、セントロに行ってみると、
お祭り期間中は掲揚されていたグアテマラの国旗がちょうど下げられるところだった。
国旗が下げられたと同時にブラスバンドが演奏を開始し、行進と太鼓の音で地響きがした。
毎日毎日練習していたブラスバンドも、この日の演奏で終了。
お祭りの終わりはいつも少しさびしい。

ありさ
FC2ノウハウにも掲載されています
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - グアテマラ独立記念日に何をする?


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [7カ国目 グアテマラ]アンティグア

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。