DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]メキシコシティ

[4カ国目 メキシコ]メキシコシティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

タコスの衝撃・メキシコ

マリア像

メキシコ行きの飛行機は、往復航空券を持っていないと航空会社のカウンターでチェックインさせてもらえないと聞いていたので、念のため3時間前にJFK空港入りする。
万が一往復航空券が必要と言われた場合、発券カウンターでメキシコ出国用の正規の航空券を買う必要があったからだ。
空港到着後、メキシカーナ航空のカウンターを探すも、アメリカン航空ばかりで見当たらない。
職員さんに聞いてみると、片身狭そうにアメリカン航空のカウンターの下に看板が出ていた。
でも、スタッフがいない…。
行列を作って待っていると、気だるそうにスタッフ到着。
到着してからお菓子を食べたり、化粧を始めたり。
おおお。なんだかもうメキシコ入りしているような光景。
海外の空港職員ってこういう感じが普通で、日本の空港職員の小奇麗でかっちりした感じは例外なのかもしれない。

心配していた航空券は、全く問題なくチェックインできた。
私達は片道航空券ではなく、世界一周航空券だったので大丈夫だったのかもしれない。
メキシコの入国審査も、いろいろ聞かれると思って二人で前もって答えを用意していたけど、一つも質問されることなく黙々とパスポートにハンコを押されてあっけなく終了。
やましい事はなくても、入国審査はいつも緊張する。

メキシコシティからタクシーで有名な日本人宿へ。
タクシーの運転が急発進急ブレーキでヒヤヒヤ。
でも周りを見ていると、どの車もそういう運転をしている。
後で知ったことだけど、普段はとても温厚なメキシコ人もハンドルを握ると人柄が豹変するらしい。
この国では絶対レンタカーは無理だ。

屋台

宿の周りには屋台が山ほど出ていて、混んでいた屋台でタコスを頼んだ。
肉の薄切りに、皿に山盛りになっている野菜を好みで追加し、さらに辛いソースと塩で味をつけ、ライムを搾る。
一口食べてみて、口から火が出て目が覚めた。
辛い!美味い!肉がジューシー!野菜シャキシャキ!
いやー。
タコス最高!

ミラノ風カツレツ

小腹を満たして火がついた私達は、さらに別の屋台へ。
今度はミラノ風カツレツの屋台。
「コンプレート?」と聞かれ、多分セットメニューの事だろうと思い「シ(YES)」と答える。
二人ともスペイン語はさっぱりチンプンカンプン。
すると、自動的に絞りたてのメロンジュース、チーズ味のお米、ミラノ風カツレツが出てきた。
どれも美味しすぎる。
さらに「トルティーヤもいる?」と聞かれる。
メキシコ人がお昼に一番たくさん食べるとは聞いていたけど、こんなに食べるんだとびっくり。
中年以降のメキシコ人はお腹がぽっこり出ている人が多いけど、これは美味しすぎるご飯のせいだろうか。

食べていると、バケツをひっくり返したような大雨が降りだした。
そういえば、メキシコの5月、6月は雨季。
屋台の上はレジャーシートがかぶせてあるだけなので、そこら中雨漏りし始め、私達も急いで食べ終えた。
服はびしょびしょ。
面白いことに、雨季ということは頻繁に雨が降るはずなのに、傘をさして歩いている人はほとんどおらず、皆商店の前で立ったまま雨宿りしている。
しばしメキシコ人と共に雨宿りした後、小ぶりになったのを見計らって近くの屋根のあるマーケットにとりあえず避難してみた。
そこは「ラグニージャ市場」と呼ばれる庶民向けの市場で、結婚式やカーニバルのためのドレスを扱う店ばかりが集まっていた。
ちょうどいいので、友人の結婚式に向けて何か探すことに。
ぐるぐる市場をまわり、人のよさそうなお店があったので品物を見せてもらおうとすると、やっぱりスペイン語で意思疎通ができないため、お店のおばちゃんが英語のできる息子や娘に電話をしてくれた。
本当に親切な人のお店で買えてよかった♪

アコーディオン

マーケットの外を覗くと雨はすっかり上がっている。
メキシコの雨季は、夕方に30分くらい、どばっとスコールが降るようだ。
ぶらぶら周辺を散策していると、いろんな所から音楽が聞こえる。
バーからは踊りたくなるようなリズミカルな音楽が聞こえるし、道端ではアコーディオン弾きがチップを催促している。
メキシコの音楽、いつかちゃんと聞いてみたい。

タイルの家

メキシコ・シティはスペイン風の建物が並び、石畳が多い。
スペインっぽいタイルを使った家もある。
至る所でイエス・キリストの小物が売られており、コロニアルな雰囲気が漂う街だ。

教会

メキシコ・シティを一日散策して、スペイン語しか通じないことを実感した。
ちょっとずつ覚えていくしかないけど、言葉が通じないって、すごく歯がゆい。
毎日自分で勉強する自信がないので、どこかでじっくり習いたいなぁ。

チーズケーキ

ところで、メキシコ・シティ国際空港の標高は、約2,230メートル。
到着日はあまりうろうろしない方がよい高度なんだけど、ついつい新しい街に興奮して疲れるまで歩き回ってしまった。
足が棒になりかけていた宿への帰り道、ショーウィンドーでイチゴのチーズケーキを目撃して、疲れがふっとぶ。
ゆーやんも「ハイハイ」という感じで店内へ。
イチゴが程よく酸っぱくて、チーズケーキは甘すぎず、うまい~。
そういえば、メキシコはチーズが美味しいことで有名だ。
特にオアハカという街では、必ずチーズを食べるべしと言われている。
オアハカ・チーズ、期待大!

ありさ
FC2ノウハウ
  • Comments: 4
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - タコスの衝撃・メキシコ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ディエゴ・リベラの壁画に対面

泊まっている日本人宿では、簡単な朝食が出るのだけど、私達が寝ぼけ眼で起きた頃にはすっかりなくなっていた。
朝食は早い者順やけん、早起きせんにゃいかんのね。

タコス

ならばタコス食べに行こうと、屋台へ。
中身の違う5種類のタコスを注文。
ソースが同じ味なので、結局口の中では同じ味になるけど、肉の種類が違うので歯ざわりがちょっと違う。
ゆーやんが写真とってもいいか聞くと、厨房の中に入るよう合図され、ひとりの兄ちゃんがエプロンを投げてくれた。
なんだかよくわからないまま、厨房の兄ちゃんとゆーやんが腕を組んだ写真を撮影。
メキシコ人は気前がいい。

鶏肉とヒヨコマメのスープ

タコスだけではちょっとお腹が空くので、別の屋台でスープを注文。
鶏肉、ヒヨコマメ、お米が入った塩味のお粥のようなスープ。
喉が渇いていたので、ごくごく平らげてしまった。
美味しい!

ディエゴ・リベラ壁画

お腹を満たした後は、ディエゴ・リベラの壁画館へ。
ディエゴ・リベラは画家フリーダ・カーロの旦那さん。
映画「フリーダ」で彼らの情熱的な物語を観ていたので、作品を前にして感慨深い。

ディエゴとフリーダ・カーロ

「ディエゴ・リベラ壁画館」という名前がついているからには彼の作品がいくつかあると思って入ったのだけど、彼の作品は壁画がひとつだけだった。
でも、この壁画は人物がほぼ実物大に描かれているので、目の前にするとかなり大きく見ごたえがある。
メキシコ民族と社会主義を反映させた作品が特徴のリベラの壁画は、描かれている一人一人の人物にもモチーフとなる人物がいるので解説を読むと面白い。
この壁画はもともとはホテルのレストランにあったそうだが、地震でレストランが崩壊したため、壁画館に移転されたそうだ。
メキシコ・シティはもとは湖の上に造られた街なので、地盤が弱いらしい。

壁画館を後にして、今日は市場で民芸品でも見にいこうと思っていたのだけど、何となく身体がだるいので宿に戻って休むことにした。
今までの疲れがたまってきたのかな?

ありさ
  • Comments: 2
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ディエゴ・リベラの壁画に対面


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

食あたり

タコス

昨晩からお腹の調子が悪くなり、ついにお腹を下してしまった。
旅が始まって2ヶ月間も風邪一つひかずに元気でいたことも驚きなので、「ついにきたかー」という感じ。

今日は一日中とにかく寝まくる。
その間、ゆーやんはスーパーに行って食材を仕入れてくれたり、ご飯を作ってくれたり。
宿の皆さんにも心配していただいた。
本当にありがとうございます。

原因は、恐らく昨夜の屋台で食べたタコス。
「ん?なんかちょっと変な感じだけど、まあ食べれる」と思って食べてしまった。
多分、古そうだった油にあたった。
疲れている時には屋台は控えないと、と思う。

ありさ
  • Comments: 3
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 食あたり


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

今度はわたしの番

昨日1日中、ありさは寝てだいぶ回復。
朝食も食べれるくらいに。
今日もどこも行かず宿で、ごろごろしていようかと考えていたが、
お昼過ぎに外出してみる。

イダルゴ地区の街並み

しかし、体力をだいぶ消耗していたようで、小一時間で戻ってまた宿でのんびり。

夜ご飯を自炊してなんとか元気に。
やはりこういう時は自分達で作る和風ご飯に限る。

泊まっている宿のリビングでみんなでわいわいとゆんたく。
こんなに笑うのはいつぶりだ?っていうくらい笑う。
なんだか気の合う、感じの合う人たちが集まったよう。

ここの日本人宿は、ほんとに様々な人達がやってくる。
日本で普通に暮らしていると、出会うことが無い人達に出会え、いろいろな話を聞けたり、いろいろな旅情報を交換したりできる。ここでは旅人だけでなく、長期で滞在している方もいた。
なかでも、高卒後ここにやってきて、
ルチャ・リブレ(メキシコ・プロレス)レスラーを目指すT君は、そのキャラが天才的におもしろい。
彼が将来デビューできることを心から望んでいる。
がんばれよ!

そして、12時を周る頃今度は自分がお腹を壊し始め、そして熱が出てダウン。
みんなからは笑いすぎたからじゃない?って言われるくらい、
それまでは元気だったのに…なぜだ?

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 今度はわたしの番


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

ゆーやんも食あたり

今朝起きると、ゆーやんが汗びっしょりなので熱を測ってみると38.4度の高熱。
とりあえず熱があると寝られないのでアイスノンで頭を冷やしたり、正露丸を飲ませたり。
今日一日は寝てもらうしかない。

二人とも全く同じものを食べてきたので、思い当たるのは私もお腹を下したタコス屋台。
それにしても、なんで私より2日も遅く発症したんだろうか。
ゆーやんは私より体力があるので、2日間はなんとか持ちこたえたけど、昼食に辛めの韓国風ラーメンを食べたせいで菌が活発になったのかもしれない。
そういえばラーメンを食べている時、ゆーやんだけ「辛い辛い」と言いながら変に汗をかいていた。

マッシュルームの絵

昼食を作った時点で食材が尽きたので、宿から徒歩15分の巨大スーパー「ウォールマート」へ買い物に行く。
危険といわれるメキシコシティを一人で歩くのは初めてなので、ちょっぴり緊張。
途中、売春婦と見られる人たちが立っている場所を通る。
こういう場所は、もっと奥まった所にあるイメージがあるけど、大通り沿いにあけっぴろげに立っていてびっくり。
帰り道は違う道を選択。
壁の絵に惹かれてカメラを構えると、奥から売春宿のママとおぼしき女性が顔を出した。
よくよく壁の絵を見ると、マジックマッシュルームが描かれていた。
足早にそこを立ち去る。

夕方、解熱剤を飲んだにもかかわらずゆーやんの熱があまり下がらないので、明日、病院に行って抗生物質をもらうことにする。
保険会社に電話してキャッシュレスで受診できる病院を紹介してもらい、病院に電話をして診察の予約をする。
日本人の先生がいる病院を紹介してもらったので一安心。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - ゆーやんも食あたり


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [4カ国目 メキシコ]メキシコシティ

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。