DiaryTOP > [出発前]

[出発前]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年も素敵な1年でありますように。

しばらく日本でのお正月もおさらばとなってしまう。
なので、実家でおいしいものをいっぱい頂いている。
そして、大晦日から今日にかけてお月様は満月。
お正月に満月なのは、実にニ十年ぶりとのこと。

昨日、広島の尾道で空に登っていく満月を夕暮れ時に眺めた。
歴史ある街並みの中、年の瀬の静かな港の空、
とっても丸々で、大きく、白く輝いていた。

お月様をこんなにも関心を持つようになったのは、スリランカでの体験。
満月の日には、”ポーヤ”という祝日になる。
仏教として、満月というのはとても大切な日であり、
不摂生や殺生を絶つため、お酒やお肉を販売していない。
過去にまったく意識していなかった月の巡りを、
とても大切なものとして感じるようになってきた。

そういえばイスラム教の国々では、月を基準とする太陰暦を生活上に採用している。
世界では月の満ち欠けは、昔から大切なモノ・尺度であったに違いない。

ということで、ブログの右下に”MOON PHASE”という
月の満ち欠けが一目でわかるモジュールを置いてみた。
これで世界どこに居ても、月を感じていきたいと思う。


さて、旅の準備状況ですが、
必要な道具・持ち物はだいぶ揃ってきた感じ。
GOODSのページで紹介していく予定です。お楽しみに!
さらには、ホームページをもっとUPいていきたいところ。

それでは、皆さんも素敵な1年を。

ゆーじ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 新年明けましておめでとうございます


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

狂犬病の予防接種第1回目

2人で三軒茶屋の医院に狂犬病の予防接種を受けに行った。
2人とも、過去に合計5回、狂犬病の注射暦があるので、
何回打つべきか、お医者さんと話し合った。

狂犬病の抗体があるかどうかの血液検査は、
アメリカに血液を送らなければ検査できないとの事。
また、これまで日本国内での発症例は、海外旅行から帰って発症した
3件しかなく、狂犬病については海外の方がデータをたくさん持っているとの事。
2回接種したら絶対に発症しないとか、3回なら絶対大丈夫とか、
そういう検証は今までなされてこなかったので、文献もなく、
医療従事者の立場から「何回なら大丈夫」と言えないとの事。

とにかく、狂犬病の犬に噛まれてしまったら、噛まれる前と噛まれた後で、
合計5回接種していればよいとの事なので、
噛まれる前の接種として、2人とも日本で2回接種することにした。

筋肉注射なので、すごく痛いだろうと予想していたのだけど、
針を刺す瞬間はそれほど痛くなかった。
でも、病院を出て昼食を取り、買い物などしていると、
2人ともものすごく眠く、だるくなってきた。
帰宅したらすぐに昼寝をした。

目が覚めるともう夕方。
注射で1日が終わってしまった。
やりたいことは山済み。
少しずつ、片付けよう。

予防接種を受けたら、注射暦を必ずどこかに書き残しておくと便利。
予防接種名、接種日、量、薬品の会社名、ロット番号、接種医師名を控えておくと、
次に同じ予防接種を受けるとき、相談しやすい。
自分でも、厚生労働省検疫所のHPで接種すべき注射の種類や回数が確認できる。

次回の狂犬病の予防接種は約1ヵ月後。
体調を整えて望みたい。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - 狂犬病の予防接種第1回目


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

カールじいさんの空飛ぶ家

前々から気になっていた映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を二人で観に行ってきた。

思い出が詰まったマイホームに、風船をいっぱいつなげ、
気球のように空を飛び、夢の地へ向かうお話だった。

風船で空を飛ぶなんて、ストーリー自体はとてもロマンチックなのに、
旅に出る理由があまりにも切なくて、
二人とも映画が終わってしんみりしてしまった。

二人で夢に旅立てることをとても幸せに思う。

ありさ

  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - カールじいさんの空飛ぶ家


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

Olympus Pen E-P1に魅せられて

Olympus PEN E-P1

前に私が働いていた旅行会社では、ホームページやパンフレットにスタッフが
撮影した写真を多く使っていた。
私も添乗や出張では自前のコンパクトデジカメで写真を撮っていた。
でも、実際にホームページやパンフレットを作るようになると、
「撮りたい画」がはっきりしてきて、コンデジの限界を感じるようになった。

ホテルの部屋の写真は、もっと部屋全体が入るように広角で撮りたい!
広大な自然は、広さがもっと上手く伝わるように撮りたい!
旅先の雑貨は、細部も写し、かつぶれないように撮りたい!

そこで、一眼レフを持っているスタッフにお勧め機種などを相談してみたものの、
当時市場に出回っていた一眼レフは、「重い」「黒い」「ごつごつしている」の三重苦。
どうもあの画一的なカブトムシのようなデザインを好きになれず、
購入にふみきれなかった。
特に、担当させていただいていたイスラム圏は、写真の被写体となるのを嫌う人が多く、
「いかにもカメラ」な外見の一眼レフは持ち歩きにくい。

そんな時、OLYMPUS PEN E-P1が発売された。
PENをはじめて見た瞬間、あまりのかわいさに「ほしい~!」と思った。
「高いし、どうしようかなぁ」と迷っている時、新作発表会があることを知り、行ってみた。

発表会会場で実際に触ってみると、
「やっぱりかわいい!」「軽い!」「操作が簡単!」「いろんな撮影機能がある!」
「動画も撮れる!」「レンズが換えられる!」
ということで、ますます欲しくなってしまった。

一緒に発表会に行ったゆーやんも、
「これやったら世界一周に持っていきやすいし、ありさが気軽に撮影できそうやなあ」
とつぶやき、なんと誕生日にプレゼントしてくれた。

OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 レンズキット ホワイト E-P1 LKIT-WHTOLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 レンズキット ホワイト E-P1 LKIT-WHT
(2009/07/03)
オリンパス
amzon_detail


実際E-P1で撮ってみると、気持ちいい!
カシャッというシャッター音、
女子っぽい写真が撮れるアートフィルター機能、
1歳半の姪っ子の泣き笑い姿を納められる動画、などなど、使えば使うほど楽しい。
もうコンデジには戻れない。。。

ストラップを付けたまま気軽に撮影できるように、
斜めがけストラップも購入。
純正製品だけあって、しっかりした作りがお気に入り。

OLYMPUS 本革ショルダーストラップ ブラウン CSS-S109LLBROLYMPUS 本革ショルダーストラップ ブラウン CSS-S109LLBR
(2009/07/03)
オリンパス
amzon_detail

OLYMPUS 本革ボディージャケット ブラウン CS-10BBROLYMPUS 本革ボディージャケット ブラウン CS-10BBR
(2009/07/03)
オリンパス
amzon_detail


PEN E-P1の登場は、そっけないデザインばかりだったパソコン市場に
APPLE社がスケルトンのパソコンを発表した時と同じくらい革命的だ。

機能ももちろん大切だけど、皆が日常で使うものが、
もっとおしゃれで、使う時にうきうきするようなデザインのものが
もっともっと増えるといいと思う。

では、E-P1で世界を撮りまくります~!
ラブE-P1。

ありさ

FC2ノウハウ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - Olympus Pen E-P1に魅せられて


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

エコツアーカフェTOKYOへ

エコツアーカフェTOKYOが開催する「旅がつなげた世界」
というテーマのトークイベントに行ってきた。
ゲストスピーカーは、Think the Earthプロジェクト事務局の佐々木拓史さん。

21歳の時にユーラシア大陸を自転車で横断後、
アフリカ、中南米等を旅し、旅の体験を様々な仕事に還元してきた、
旅がライフワークとなっている方。
今までの旅の写真をスライドで写しながら、
旅での経験や、旅が仕事にどのように結びついているのかを話された。

旅話で印象的だったのは、やはり危険な目に遭った時の話。
イランの橋の下にテントを張って寝ている時に川が増水して
貴重品等をすべて流されてしまった話や、
パキスタンで泊めてもらった家で襲われそうになった話など。
手に汗を握るような危険な体験も、なんだか楽しそうにサラリとお話されるので、
本当に、根っからの旅好きなんだろう。

所持品すべてを失ってしまった時、致命的な何かが起こった時、
それでも旅を続けようと思える、その原動力は何なんだろう。

佐々木さんは、旅先にじっくり滞在して観光や文化を楽しむよりも、
次の旅先に何が待っているのか、わくわくしながら移動している時が一番楽しいと言う。
旅の原動力は、そこなのかもしれない。
いくらどん底まで落ちても、次に待つ、わくわくする何かへの期待がある限り、
旅は続けられる。

人生もそうでありたい。
何かあっても、これから待っているであろう、
「わくわくする初めてのこと」への期待を失わずにいたい。

これまで約80カ国を旅してきた佐々木さんが、
次に行きたい土地は、ギアナ高地やイエメンだそうだ。
いくら旅をしても、やっぱり行きたい場所がある。

佐々木さんのお話を聞いたことで、
旅を通して広がる仕事の世界への
リンクの仕方のヒントを得た気がする。

私たちも、旅の経験を自分たちだけのもので終わらせず、
何らかの形で社会に還元していきたい。
旅の最中も、帰国後も。
そのカタチは、私たちが心から「楽しい!」「気持ちいい!」「生きてる!」
と思うことを追求し続けていけば、見えてくると思う。

NPO法人 日本エコツーリズムセンターが開催するエコツアーカフェTOKYOは、
毎月第1木曜日に開催され、
毎回とても素敵なゲストスピーカーがお話される。
東京在住の方で、エコツアーや旅に興味のある方は是非。

ありさ
  • Comments: 0
  • TrackBack: 0
  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマーク - エコツアーカフェTOKYOへ


  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

  • ↑↑↑↑ ブログランキング参加中。
    ☆1日1回クリックをお願いします☆

DiaryTOP > [出発前]

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。