DiaryTOP

世界遺産探訪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ペルセポリスと鏡張りの万華鏡聖廟

朝7時にシラーズに到着。
宿に荷物を置いて、ペルセポリスへ向かう。
タクシーでバスターミナルへ向かい、バスで拠点の町まで行き、そこからタクシーで遺跡へ。

ペルセポリス

ペルセポリスは、アケメネス朝ペルシャの王宮として紀元前518年に築かた。
紀元前330年にアレクサンドロス大王が率いるマケドニア軍によって焼き払われたが、
遺跡の一部が残っている。

ペルセポリスのレリーフ

旅人からのこの遺跡の評判はあまりよくなかったけど、行ってみるとなかなか面白かった。
レリーフには、王に謁見するためにやって来た様々な民族の姿が刻まれており、
民族ごとに顔つきや服装や持ち物などの特徴が違うのが面白い。

ペルセポリス

広大な敷地を1時間半くらい見学すると、暑くて干からびそうになった。
再びタクシー、バスを乗り継いでバスターミナルへ戻る。

昼食後、歩いて近くのアリー・エブネハムゼ聖廟へ。
聖廟に入る前に地下に呼ばれたので、
男女別の入り口から中に入ると、多くの人が男女別に座っていた。
説教とお祈りの時間だったのかもしれない。
なぜか配られていたお菓子と飲み物の施しを頂いてしまった。

アリー・エブネハムゼ聖廟

聖廟内に入ってびっくり。
全面鏡のモザイク張りだったのだ。

アリー・エブネハムゼ聖廟内部

まるで万華鏡の中に迷い込んだような感覚になる不思議な空間の下、
人々が熱心に祈りを捧げていた。

キラキラしているのに、なぜか安心する。
「いつまでも、いつまでもここにいたい」そう思わせるような、
何か温かいものに包み込まれているような気持ちになる空間だった。

ヴァキール・バザール

次に目指すモスクに近いヴァキール・バザールを通ると、すごい人混み。
買い物熱の中にまぎれて歩くのも悪くない。

マスジェデ・バキール・モスク

マスジェデ・ヴァキール・モスクへ。

マスジェデ・バキール・モスク

モザイクタイルがピンクや黄色の色使いの花模様でメルヘンチック。

次にシーラーズの聖であるシャー・チェラーグ廟へ。
ここも全面鏡張りで、規模はアリー・エブネハムゼ聖廟よりも大きいらしいのだけど、
異教徒は立ち入り禁止、敷地内は撮影禁止だった。
残念だけど、エブネハムゼ聖廟で万華鏡の空間をかなり堪能できたので満足だ。

ありさ

*2011年9月29日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!

アルメニア人が住むジョルファー地区へ

アルメニア人が多く住むジョルファー地区へ。
かつてサファビー朝の全盛期、当時の王が新しい都としてエスファハンを建設するにあたって、
優れた職人や商人をアルメニアのジョルファー地区から連れてきたそうで、
その人々はキリスト教信仰が許され、教会建設も認められたそうだ。
現在も多くのアルメニアのが住むそうだが、地区内は閑静で人通りが少なかった。

ヴァーンク教会

ヴァーンク教会を訪れる。
教会なのに、天井はドーム型で外見はモスクのよう。
てっぺんの小さな十字架が、やっとキリスト教会であることを示している。

ヴァーンク教会

教会内部は撮影禁止なので、写真は入口のもの。
内部の壁面は、一面にカラフルな宗教画が描かれており、圧巻だった。

ライトアップされたエマーム広場

エマーム広場まで戻り、チャイハネへ。
エマーム広場は、暗くなるとライトアップされる。
結構夜遅くまで家族連れや若い人々が寛いでいて、平和な雰囲気。

夜、夜行バスでシーラーズへ向かう。

ありさ

*2011年9月28日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!

エスファハーンでモスク巡り

エマーム広場

かつてエスファハーンは「ここには世界の半分がある」と言われるほど栄えた時代があり、
その象徴がコーランに記された楽園をお手本として造られたというエマーム広場。
広大な敷地の中央には噴水が水を湛え、周りを豪華なモスクや宮殿が囲む。
夜はライトアップされ、市民の憩いの場となっている。
そのエマーム広場にを起点に、今日はエスファハーン観光を。

まずはアーリー・ガープー宮殿へ向かう。
この宮殿は、イラン最古の高層建築で7階建て。

音楽堂

最上階は音楽堂になつており、
余分な音を吸収するように天井がハチの巣状に設計されていて圧巻。

マスジェデ・エマームモスク

エマーム広場に戻り、広場に面して建てられたマスジェデ・エマームモスクへ。

エマームモスク入口

工事中ではあったけど入り口から、青を基調としたタイル装飾が息を呑む美しさ。
このモスクが「イラン建築の最高傑作」と呼ばれることに早くも納得してしまう。
礼拝堂の天井は、ドーム状になっており、中央で手を叩くとドーム全体に音が響く。

エスファハーンのバザール

ゲイサリーイェ市場を通って、マスジェデ・ジャーメへ向かう。
市場の商品を見るのも楽しい。
この市場は、モスクや宮殿近くはイランの伝統工芸品である
貝殻の彫刻、木彫り、真鍮や絨毯屋が並ぶけど、
広場から遠ざかるにつれ日用品や食品の店になり、人も少なくなる。

マスジェデ・ジャーメの回廊

マスジェデ・ジャーメは灰色の回廊が特徴的で落ち着いた色彩のモスク。

マスジェデ・ジャーメ

ジャーメは金曜という意味だそうで、金曜モスクという名前の通り、
礼拝日の金曜は人で溢れるのだろう。
見学できる場所は限られているけど、敷地は2万平方メートルもあるらしく、
イランでも最大規模のモスクだそうだ。

チャイハネにて

少し休憩しようと、チャイハネへ。
ガイドブックに載っていたアーザーガーデンという有名なチャイハネに入ると、
天井が低く洞窟のような趣きの店内はお客さんで満席だった。
殆ど男性客だけど、意外にも若い女性の姿もちらほら。

イランの女性 チャイハネにて

せっかくなので、ゆーやんは水タバコを頼み、
私は甘いスイーツを楽しんでいると、母娘で座っていた娘さんが話しかけてきた。
美しい娘さんで、上品なお化粧をしていて、なんだかドキドキしてしまった。

イランに来る前は、全身の肌覆い、外出もままならないイランの女性は近寄りがたい印象があったけど、
イランに来てから、女性達から受ける視線は全く嫌なものではなく、
外国人に対するただ純粋な興味を感じる。
外観は秘めた謎に包まれた存在に見えるイラン女性も、
家ではきっと、明るくおしゃべりな普通の女性なんだろう。

マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラーモスク

観光の最後は、エマーム広場に隣接して建てられたシェイフロトフォッラーモスクへ。
ここは王様専用のモスクだったそうで、とにかく豪華。

マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラーモスクの天井

今日一日イスラム建築を巡り、改めてその美しさに圧倒された。
計算されつくした幾何学模様の全体像の美しさと、
それを実現するための緻密で精巧な工程は想像を絶する。
モスクのドームを見上げると、満天の星空を見上げているようで、吸い込まれそうになる。
神との対話のための空間を、圧倒的な美で溢れさせる信仰心に打ちのめされる一日だった。

ありさ

*2011年9月27日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!

エチミアジン大聖堂と音楽家との出逢い

宿で出会った旅人と4人で大聖堂へ向かう。

エチミアジン大聖堂

乗り合いバスを乗り換え、アルメニア教会の総本山、エチミアジン教会に到着。
途中、車窓からノアの箱舟が流れついたと言われるアララト山を仰ぎ見る。
アルメニアは、世界で初めてキリスト教を国教化した国で、人々はノアの末裔を自負しているそうだ。

この大聖堂に併設されている博物館には、
キリストが死亡しているかどうかを刺して確かめたと言われる盾が展示されているらしいけど、
残念ながらその日は博物館はクローズしていた。

大聖堂を出ると、地元の子供たち(中学生くらいの男女5人組)が珍しい日本人を見て声を掛けてきた。
挨拶するくらいかと思いきや、こっちにも教会があるよと敷地内の小さな教会を案内してくれた。

エチミアジン大聖堂 洗礼式

その教会では、ちょうど幼子の洗礼式が行われていた。
エチミアジンとは「キリストが降りた場所」という意味だそうで、
この聖なる地で洗礼式を開くご家族の表情はまるで結婚式のように嬉々としていた。

エチミアジン大聖堂にて

子供たちと別れ、違う教会への道順を教えてもらおうと、地元の男性に声をかける。
おじさんは、「僕は音楽家で、これから大学で授業があって急いでいるんだ」と言って迷っていたが、
意を決した感じで「付いてきなさい」と言う。

しばらく付いて歩くと「教会はあっちだけど、ちょっとおいで」と、古い建物の中に入っていく。
案内されたのは寂れた音楽堂。
おじさんは、楽屋のような一室に私達を案内した。
いつもそこで音楽の練習をしているらしい。
かなり時間を気にしながらも「演奏を聞いてみたい?」と言う。
せっかくなのでぜひともとお願いしてみると、空気が一変した。

アルメニアの音楽家

予想外の突然のあまりにも美しい音色に、圧倒されてしまった。
感動していると、もう一曲もう一曲と何曲も演奏してくれる。

演奏後、演奏のお礼と時間がなかったのに申し訳ないと伝えると、
「私には異国に嫁いだ娘がいて、道で声をかけられた時、
異国に住む娘を思い出したんだ。君たちは僕とって娘に見えたんだ」と言う。
自分も、日本を旅する外国人に対して、家族を思うように接することができるだろうか。
娘さんを思う深い愛に心がいつぱいになり、異国住む娘さんの幸せを願わずにはいられなかった。

ありさ

*2011年9月19日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!

雨のスメラ僧院

スメラ僧院

トラブゾン市内から山間部へ、車で約1時間、スメラ僧院へ。
スメラ僧院は、岩山にへばりつくように、ひっそりと建てられた修道院だ。
山道を登って修道院に到着すると、パラパラと雨が降り出し肌寒くなった。
人里離れた山奥に4世紀頃建てられたという建物は、小雨の中、より静けさを増し、寂しい雰囲気を纏っていた。

スメラ僧院内部

崖を一部くり貫いてドームになっている部屋には、壁一面にフレスコ画が描かれている。
フレスコ画の色彩は鮮やかに残っているものの、顔の一部は破壊されてなくなっていた。
反キリスト教勢力による破壊だろうか。

細やかに描かれた画に見入りながら、
崖をくり貫き、黙々と絵筆を走らせ祈りの空間を作っていった人々の信仰心の深さに圧倒された。

岩肌に造られたスメラ僧院

インドのエローラやアジャンタ石窟院といい、スペインのモンセラート修道院といい、
神と対峙する場所として選ばれるのは、いつも日常生活から隔離された、より自然条件の厳しい場所だ。
それらの祈りの空間に入ると、自然と音に敏感になる。
無音の空間で、静かに自分の心と対話する。
修道院を後にする時、心が少し浄化されたような気がした。

霧が出て視界が悪い山道を、再び車でトラブゾン市内へ。
昼過ぎに到着すると、市内は晴れていた。
明日に備えてグルジア行きのバスチケットを購入した。

ありさ

*2011年9月10日の旅日記です。
4年掛けて旅の日記を仕上げていきます。もうしばらくお付き合いを!

DiaryTOP

Search
Meta
Feeds
MOON PHASE
CURRENT MOON
BLOGランキング
  • ↓応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • 人気ブログランキングへ ブログランキング
RSSに登録
Share |

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。